カテゴリー別アーカイブ: インナー

Title:Schiesser

DSC_0021.jpg-10

60年以上も前の古いニッティングマシーンによって生産されるSchiesser Revival。

大量生産のできない厳選された上質な素材を使用したSchiesser Revivalは、

第2の肌と言われる程の着心地の良さと、適度なフィット感が、

着込むうちに身体に馴染み、何年経っても型崩れしない耐久性が特長。

Schiesser

Schiesser社は、1875年にドイツのRadlfzellで創業されました。
創業者のJacques Schiesser、当初2台のニッティングマシーンで
アンダーウェア生産をスタートしました。
生地の素材と織り方、ステッチングや織りネーム、そしてパッケージングにまで
こだわることで、今日ヨーロッパ有数のアンダーウェアメーカーになりました。

www.piisu.jp

https://www.piisu-classic.com/product/373

Title:丸首

DSC_0085.jpg-1

こうも暑い日が続くと普通のクルーネックが気分になってきます。

綿100%でありながら、シルクのようなタッチで癖になります。

それにしても今年の夏は暑い。

www.piisu.jp

Title:Knitting

DSC_0037.jpg-3

英国北部で80年代初頭に閉鎖した、家族経営のニットメーカー。

現在は地元で、20年〜30年間ニットを編み続けているベテランのニッターにより、

ひと目ひと目編まれています。

糸は、硬さを持つブリティッシュウールと繊細さをもつオーストラリア、

ニュージーランドウールの混紡で英国内で紡績されており、

糸の色そのものが全て、スコットランドのカラーデザイナーによってデザインされており、

とても軽くて柔らかく、そして暖かさを持つウールを使用し古典的なニット生産の

技術が使われています。

この色は探すと意外になかなかない色です。

色のセンスを問われますからね。

www.piisu.jp

Title:Hand Framed Half Cardigan

dsc_0018-jpg-1

往年のフィッシャーマンズセーターやアメリカ海軍USNのイモセーターを

思わせるデザインにグッときます。

東北地方でハンドフレームのみでニットウェアを制作している職人の手で

作られた貴重なニットウェア。

糸はオーストラリア産で特に羊毛の質が高いジロン地方のメリノ種で、

生後6カ月以内に刈り取った子羊の毛を、更に繊維の細いものを厳選して

紡績した糸を使用しています。

所謂、スーパーエクストラファインラムと呼ばれる細さです。

dsc_0025-jpg-2

ウール糸は、カットソー用の糸より太く、柔らかく紡績されています。

タフでありながら着心地は抜群に良いです。

 

comm. arch.

コム・アーチはJoe Mc によってメンズニットウェアに特化したブランド。

日本国内紡績の糸を厳選し、数少ない現存する貴重なニットデザイナーや職人の

連携(communication)によりニットウェア(architecture)が製作されている。

とにかく、素材、作り、プロセスにこだわり、全てが”Fully Fashioned”(成型編み)された、

心地よく長く着られるニットウェアを作っている。

www.piisu.jp

www.piisu-classic.com

 

 

Title:Fileuse d’Arvor Basque shirt

DSC_0048.jpg-6

この手のフランスバスクシャツでSAINT JAMESセントジェームス、Le minorルミノア、

ORCIVALオーチバル、Armor luxアルモーリュクスなど王道的なメーカーがありますが

私的には郡を抜いているのが、Fileuse d’Arvorフィールズダルボー。

ヴィンテージリブという複雑な編み立ての生地は、ソフトでヌメ感のある

フィールズダルボー特有の生地。

そして他ではまず見られない手の込んだ丁寧な作りが、随所にあります。

基本的にシャツと合わせて着ますが中にはスカーフやアスコットタイを入れて

襟は外に出すのが私のスタイル。

Fileuse d’Arvor

1927年フランスにて創業のフィールズダルボー。
フランス海軍のユニフォームを永きに渡り生産するメーカー。
ヴィンテージリブという複雑な編み立ては、メイド・イン・フランスに
拘る昔ながらの製法で適度な伸縮性は、体に程良くフィットし
型崩れを抑えてくれます。

www.piisu.jp

www.piisu-classic.com

http://www.piisu-classic.com/product/262

Title:John Smedley Button Vest By 30G Merino Wool


DSC_0033.jpg-1

言わずと知れたジョンスメドレーの30ゲージメリノウール。

時代とともに、サイズ感、デザイン、ヘラシ部分が変わりながらも

なぜかしらないうちにここに落ち着く人も多いのではないでしょうか?

触った瞬間にわかる柔らかい肌触り、そして厳選された極上のメリノウール。

モノのもつオーラと存在感が漂う英国の逸品。

John Smedley

1784年英国にて創業のジョンスメドレー。

200年以上ニットをつくり続けている歴史と伝統のあるメーカー。

エリザベス女王が愛用していることで知られています。

www.piisu.jp

www.piisu-classic.com

Title:John Smedley Classic Polo Shirts By 30G Sea Island Cotton

 

DSC_0029-24

30ゲージのシーアイランドコットン。

日本では海島綿の言い方の方がなじみ深いでしょうか?

カシミヤのような肌触りとシルクのような独特の光沢はシーアイランドコットンならでは。

価格重視のモノとの違いは、経年によるコットン特有のアジ。

そして、ジョンスメドレーのもつオーラと存在感。

大人のカジュアル服の基本中の基本かと思います。

www.piisu.jp

www.piisu-classic.com

Title:Mercerized Cotton Polo Shirts From Haversack Attire

DSC_0010-1

シルクのような光沢と独特な肌触りが特徴的なマーセライズドコットンで

編立られた非常にエレガントなポロシャツ。

継ぎ目がない所謂、丸胴編みで身体にほど良くフィットし、絶妙な着心地が得られます。

 

DSC_0012-4

求心編みによって前後一周ヘラシを入れています。
DSC_0013.jpg-2

DSC_0020-3

 

英国ジョンスメドレーが必ず使用するシーアイランドコットンとは

また違う着心地、肌触りをご堪能いただければ幸いです。

マーセライズドコットンならではの経年感が必ず得られるはずです。

www.piisu.jp

www.piisu-classic.com