「インナー」カテゴリーアーカイブ

Title:夏のパイル生地

往年のビーチジャケットに代表される夏の定番素材でもあるパイル生地。

夏と言えばジャガード織なんかもありますが。。。

毛足の長短はありますが、今回は今までで一番毛足の短いタイプ。

やや薄手ですので軽快に着て頂けると思いますよ。

Haversack Attire

https://piisu.jp/

 

 

Title:Polo

梅雨入りはもう間もなくといったところでしょうか?

通気性のいいあまり目の詰まっていない粗めの鹿の子ポロ。

これからの季節には涼しくて快適ですよ。

https://piisu.jp/

 

 

 

Title:Hand Framed High Neck Sweater in Japan

東北地方でハンドフレームのみでニットウェアを制作している職人の手で

作られた大変貴重なセーター。

自動編み機とは違い時間をかけて丁寧に制作しているので

着心地、温もりが抜群に違います。

糸はオーストラリア産で特に羊毛の質が高いジロン地方のメリノ種で、

生後6カ月以内に刈り取った子羊の毛を、更に繊維の細いものを厳選して

紡績した糸を使用しています。

一枚で絵になるようなセーター。。。。。

comm.arch

https://piisu.jp/

 

Title:梅雨

ここ最近の暑さからすると今年の夏も暑そうな予感。

うまく気温に対応しながら着こなしを楽しみましょう!

梅雨のしとしと降る雨も近年はゲリラ豪雨。

あの雨の音、好きなんだけどなー。

https://piisu.jp/

 

Title:Short Sleeve Shirts For ALBI

こんな季節感になっているのか、なっていないのか?

ちょっとわかりませんが。。。

いよいよ、夏本番に向けてニットタイを締めて夏のドレススタイル、

釦を外してカジュアルスタイルを存分に楽しむのも大人の嗜み方。

https://piisu.jp/

 

Title:Hand Framed Sweater

東北地方でハンドフレームのみでニットウェアを制作している職人の手で

作られた大変貴重なニットウェア。

糸はオーストラリア産で特に羊毛の質が高いジロン地方のメリノ種で、

生後6カ月以内に刈り取った子羊の毛を、更に繊維の細いものを厳選して

紡績した糸を使用しています。

所謂、スーパーエクストラファインラムと呼ばれる細さです。

繊細な質感でありながら丈夫で非常に暖かいのが特長。

ざっくりと着て頂ければ良いかと思います。

https://piisu.jp/

 

Title:ハイゲージ

この時季に何をどう着るかに困った時は、やはりハイゲージの

カーディガンやVネック、クルーネック、ベストなどが重宝します。

少しづつ色をたしていくのが一番。

圧倒的なオーラと存在感。

経年変化による味わいは、john smedley ジョンスメドレーならでは。

https://piisu.jp/

Title:Schiesser

DSC_0021.jpg-10

60年以上も前の古いニッティングマシーンによって生産されるSchiesser Revival。

大量生産のできない厳選された上質な素材を使用したSchiesser Revivalは、

第2の肌と言われる程の着心地の良さと、適度なフィット感が、

着込むうちに身体に馴染み、何年経っても型崩れしない耐久性が特長。

Schiesser

Schiesser社は、1875年にドイツのRadlfzellで創業されました。
創業者のJacques Schiesser、当初2台のニッティングマシーンで
アンダーウェア生産をスタートしました。
生地の素材と織り方、ステッチングや織りネーム、そしてパッケージングにまで
こだわることで、今日ヨーロッパ有数のアンダーウェアメーカーになりました。

www.piisu.jp

https://www.piisu-classic.com/product/373

Title:丸首

DSC_0085.jpg-1

こうも暑い日が続くと普通のクルーネックが気分になってきます。

綿100%でありながら、シルクのようなタッチで癖になります。

それにしても今年の夏は暑い。

www.piisu.jp