Title:Gurkha Shorts

DSC_0019.jpg-2

私の中では定番のグルカショーツも、ここ近年よく耳にするようになりました。

最初に穿いたのが20数年前。今も大切に保管しています。

バミューダが好きな方だと少し抵抗があるかもしれませんが、

グルカを履きこなすことができると、大人の風格がでてきますね。

今までいろんなパターンのグルカショーツをセレクトしてきましたが、

今回はいつもより少し綺麗な色での展開になります。

Haversack Attire

www.piisu.jp

 

Title:Navy Brown

DSC_0030.jpg-1

イタリアより革のメッシュベルト。

何かと持っていて重宝するアイテム。

パンツのサイズ違いにもしっかり対応してくれます。

www.piisu.jp

 

Title:Classic Trousers

DSC_0003.jpg-2

氏の雰囲気、背景をみながら

ヒト、モノのエレガンスを最大限に引き出し

私流のエッセンスを随所に取り入れた2タックのベルトレスパンツ。

それなりにボリュームはありながら、何とも言えない落ち着いた雰囲気に。

白の麻で開襟シャツを合わせて頂きたいパンツです。

www.piisu.jp

Title:Short Sleeve Shirts For ALBI

DSC_0070.jpg-2

ALBIより職人の手裁断によって出来上がった半袖シャツ。

ワイドな襟をベースにALBI流のエッセンスを取り入れたクラシカルな襟。

カジュアルに釦を外しても絵になるシャツではないでしょうか?

いよいよ、夏本番に向けてニットタイを締めて夏のドレススタイル、

釦を外してカジュアルスタイルを存分に楽しむのも大人の嗜み方。

www.piisu.jp

 

 

Title:Maison Chato Lufsen

DSC_0060.jpg-9

Christophe BRÉARD (クリフトフ ブレアール)は、オーダーメイドのシャツ、
手仕事で丁寧につくられた服についてのブログを8年間にわたり書き綴り、
2016年に自らのブランド「Maison Chato Lufsen」をたちあげました。
細部にこだわりをちりばめた、メンズ・エレガントの世界。
彼のスタイルは、クラシックでありながら、どこか遊び心のある
「Pariseien rive gauche」(パリジャン・リヴ・ゴーシュ)が基本。
貴重で素晴らしい素材、極上の色合いそして軽い仕上がりを追求。
とりわけ、フランス人にとって必須な最高に洗練されたエレガントを香らせ、
ディテールと仕上げに徹底的にこだわっており、ファッションに強い意志を持つ、
エピキュリアンな人々に愛されるべくして、生まれました。

www.piisu.jp

http://www.piisu-classic.com/

http://www.piisu-classic.com/product/337