Title:Espadrilles

夏の定番ですね、エスパドリーユ。

インソールの使い方など一昔前よりは大分進化していますね。

伝統的なエスパドリーユはジュート素材だけなんですけどね。

夏らしいモノで季節を満喫したいものです。

https://piisu.jp/

 

 

 

 

 

Title:夏のパイル生地

往年のビーチジャケットに代表される夏の定番素材でもあるパイル生地。

夏と言えばジャガード織なんかもありますが。。。

毛足の長短はありますが、今回は今までで一番毛足の短いタイプ。

やや薄手ですので軽快に着て頂けると思いますよ。

Haversack Attire

https://piisu.jp/

 

 

Title:Polo

梅雨入りはもう間もなくといったところでしょうか?

通気性のいいあまり目の詰まっていない粗めの鹿の子ポロ。

これからの季節には涼しくて快適ですよ。

https://piisu.jp/

 

 

 

Title:Tricot-Dio.

フランスよりニットタイが届きました。

110年以上にわたって頑なに家族経営を守り、アトリエにてフランス生産に拘ったニットタイです。

創業当時からの円形織機にて低速でじっくり編み上げたシルクニット。

Tricot-dio トリコ・ディオ

1905年フランス最南端の街、Perpignanペルピニャンで創業したTricot-Dioトリコ・ディオ。
110年以上にわたって頑なに家族経営を守り、アトリエにて質の高い仕事を4世代に亘って
フランス生産に拘ったニットタイです。

https://piisu.jp/

 

 

Title:Irish Linen

ウエイトは400gはあるであろう本格的なアイリッシュリネン生地。

太めのヘリンボーンが存在感ありますが、そこまで派手にもならず、

ちょうど良い塩梅ではなかろうかと。。。

ヘヴィーウェイトなので洗いにかけて風合いを出すのもおすすめですよ。

Spence Bryson スペンスブライソン

正真正銘のアイリッシュリネン、最高峰のリネン紡績メーカーであるスペンスブライソン社。

伝統的な技法で紡績する数少ないミルの一つで英国王室御用達にもなっています。

https://piisu.jp/

 

Title:berthille

レザーの鞄は他のメーカーもやっていますが、

フランスよりお初になります。レザーのトートバック。

1971年創業以来、小さなアトリエでひとりの職人が

ひとつのバッグを全て縫い上げる工程は今も変わりません。

小さなアトリエで12人程の職人がフランス製に拘って制作しています。

berthille ベルティーユ

https://piisu.jp/

 

Title:W.Bill Vintage shetland

過去のアーカイブをもとにできたシェットランドツイード。

打ち込みがあまくふっくらとした感じでカントリー臭くないのがいい!!

W.Bill

1846年創業、イギリスのマーチャント、ウィリアムビル。

https://piisu.jp/

Title:営業再開

大雪のため8日から13日まで休業しておりましたが、本日より営業再開です。

今回のは半端ない!強烈でしたね。